木製室内ドア貫通穴補修


室内ドアに開けられた貫通穴の補修を行いました。通常のご依頼では何かをぶつけたことによる陥没やキズ等であることが多く、あまり見ないタイプの穴です。
片面の裏側からベースとなる木材を貼り付け、芯材を入れつつ、もう片面にも裏からベース木材を貼り付けます。今回は、工具で意図的に空けられた穴だったため周りの歪みがほとんど無く、木材がピッタリくっついてくれました。
次にパテやジェルボンドで平らに成形します。そして、周りに合わせた木目を描き、つや合わせをして完成させます。
このように大きな穴や貫通した穴も交換することなく、補修できれいにすることができます。

室内ドアは他の部屋のドアと同じデザイン、シリーズであることが多いものです。一つだけ交換すると悪目立ちしてしまい、すべてのドアを交換すると大変な作業と費用になってしまいます。その点、補修ならばそのような心配がありません。